EXIT SIGNS



今回はアメリカ製のVINTAGE EXIT SIGNをご紹介します。
当店ではおよそ1930年代~1950年代頃の映画館や公共施設で使用されていた
EXIT SIGNをメインで取り扱っています。




当時のカタログには様々なバリエーションが紹介されています。




EXIT SIGNではありませんが、中央部左右のトイレットサインなどもとても珍しいアイテムです。 




こうしたEXIT SIGN達は、当時の映画館や商業施設といった公共の場の非常口灯として
使用されてきました。

ここからは今まで販売した様々なタイプのEXIT SIGNをご紹介します。




こちらは当時の体育館で使用されていた物。
ボール等の衝撃を踏まえてか、他のEXIT SIGNと比べガラスが厚くなっています。
このタイプにケージのついたタイプもあります。




『EXIT』ではなく『FIRE ESCAPE』という表記もあります。




『SORTIE』とはフランス語の『非常口』です。
こちらはカナダのフランス語圏から入ってきたもので、
時折見かけるレアアイテムです。




これらは製造年代も古く、非常に珍しいタイプです。


そして当店で一番馴染みのあるEXIT SIGNといえば、KOPP GLASS社のもの。



同社は1926年にペンシルバニア州ピッツバーグで設立され、
工業用や技術用ガラスに特化したガラス製造会社。
EXIT SIGNの他、アメリカの鉄道信号照明等を手掛けています。 




同社のこうした真っ赤なガラスはルビーレッドと呼ばれています。




こちらは珍しい3面タイプ。




こちらも珍しいグリーンガラス。

製造当時の設置場所に応じて、天井付用、壁付用、さらには3方向用等、
様々なバリエーションがありますが、その中でも3面タイプや、グリーンガラスのタイプは
希少度が高く、手に入りにくいアイテムです。




時代が進むにつれ、素材はガラスからスチール製や、プラスティック製に移行してゆきます。
これはこれでアメリカらしさを感じますね。 







こうしたEXIT SIGNは日本国内で非常口灯としての正式使用はできませんが、
ディスプレイとしてアパレルショップやレストラン、美容院など多くの商業店舗様に
ご利用頂いています。




中には個人住宅の玄関などに設置される方も。
皆様のアイディアで、ヴィンテージ空間を楽しんで下さい。

当店で現在取扱いのあるEXIT SIGNはこちらからご覧下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿